選ばれたダビデ

「人は目に映ることを見るが、主は心によって見る。」サム上16:7

 

イスラエルで初めての王様に選ばれたのはサウルでした。

サウルは、背が高くてイケメンでした。

王様になった頃は、神様に従っていましたので、戦争にも勝ち続けていました。

ところが、「七日待て」という神様のご命令に、待ちきれなかったために、王様の資格を、神様から取り上げられてしまいまったんです。するとサウルは、神様のご命令に従わないで、自分勝手なことをするようになってしまいました。

サウルを王様にした預言者のサムエルは落ち込んで、とても悲しんでいました。

そんなサムエルに、神様がおっしゃいました。

「いつまでサウルのことで悲しんでいるのか。

 さあ、ベツレヘムに住むエッサイのところに行きなさい。

 エッサイの息子の中に新しい王になる人を見つけたから。」

 

するとサムエルが答えました。

「そんなことがサウルに知れたら、わたしは殺されます。」

サウルに殺されることを恐れたサムエルに、神様はおっしゃいました。

「わたしの言うとおりにすれば大丈夫だ。」

神様の言葉に勇気付けられたサムエルはベツレヘムに出発しました。

 

ベツレヘムに到着したサムエルは、神様に言われた通り「神様にささげものをするために来ました」と言って、エッサイとその息子たちを招待しました。

 

エッサイが七人の息子を連れてやってきました。

まず長男のエリアブがサムエルの前に出て挨拶しました。

パッとエリアブを見た時、サムエルは「この人が新しい王様だな」と思いました。背が高くて、立派な姿だったからです。

その時、神様がサムエルにおっしゃいました。

「顔かたちや、背丈を見て、判断してはならない。

 彼ではない。

 わたしは人とは違った見方をしている。」

「人は目に映ることを見るが、主は心によって見る。」

 

神様が見るのは見た目ではなく、心の中だとおっしゃっています。

心を見る神様が選んだのは長男のエリアブではありませんでした。

 

続いて、次男のアビナダブが前に出ましたが、神様が選んだのはこの人でもありませんでした。

さらに息子たちが次々と前に出ましたが、神様が選んだ人はいませんでした。

 

するとサムエルはエッサイに尋ねました。

「息子さんたちは、これで全部ですか?」

エッサイが答えます。

「いいえ、もう一人、一番下の息子が残っています。まだ子供で、今は野原で羊の番をしています。」

サムエルは「すぐに連れてきてください」と言いました。

 

やがて8番目の息子がやってきました。ダビデです。

ダビデはまだ子供でしたが、羊を守るために獣と戦うことも恐れない勇敢さを持ち、何よりも神様を心から愛していました。

 

すると神様はおっしゃいました。

「これこそ、わたしの選んだものだ。さあ、油を注ぎなさい。」

サムエルは油を入れたツノを傾けて、ダビデの頭に注ぎました。

これはダビデが神様が大切な働きのために選んだという印です。

ダビデが王様になるのはまだまだずっと先のことですが、神様はダビデの心を見て、王様としてふさわしい人としてお選びになったんです。

今日の暗唱聖句を読みましょう。

「人は目に映ることを見るが、主は心によって見る。」

 

サムエルが長男のエリアブを見た時、「この人こそ王様になる人だ」と思いました。いかにも立派な見た目だったんでしょう。

しかしサムエルは「彼ではない」という神様の言葉にもしっかりと耳を傾けました。

みなさんは、自分の考えにとらわれずに、神様の言葉に耳を傾けていますでしょうか。

 

またわたしたちは、目に見えることだけで人を判断してしまうことがあります。

見た目がカッコ良かったり、成績が良かったり、スポーツが得意だったりと目立つ人が人気者になります。

けれども神様にとって大切なことは、目に見えることではなく心の中です。神様がお喜びになる心は、どんな心でしょうか。どんな思いでしょうか。

ダビデは、何よりも神様を愛していました。わたしたちもダビデのように、何よりもイエスさまを愛する心を大切にしたいと思います。


教案:成長161023

聖書箇所:サムエル記上16章

暗唱聖句:サム上16:7

「人は目に映ることを見るが、主は心によって見る。」