霊によって生きる

「枯れた骨よ、主の言葉を聞け。

 これらの骨に向かって、主なる神はこう言われる。

 見よ、わたしはお前たちの中に霊を吹き込む。

 すると、お前たちは生き返る。」エゼ37:4,5

 

今日は、イエス様がお生まれになる五百年くらい前に活躍したエゼキエルさんのお話しです。

エゼキエルさんは、預言者の働きをしていました。

預言者は、神様のお言葉を聞いて、人々に伝える働きをしていましたが、今日のお話しは、ちょっと特別です。何が特別かというと、今日のお話では、生きている人々ではなくて、死んでしまって、カラカラに干からびてしまった骨に向かって、神様のお言葉を伝えたんです。

 

ある日のことです。エゼキエルさんは、神様によって谷の真ん中に連れて行かれました。その谷には、人間の骨がたくさんありました。谷は、骨でいっぱいになっていました。その骨は、カラカラに干からびていました。

 

神様はエゼキエルさんに言いました。

「ここにある骨が生き返ると思うか。」

 

カラカラに干からびてしまった骨が生き返るはずないですよね。普通だったら。

エゼキエルさんも、そう考えたと思います。

でも、神様にできないことはありません。

エゼキエルさんは、普通に考えるとできないけれども、神様だったらできると思いました。

そこで、エゼキエルさんは、このように答えました。

「主である神様。それはあなただけがご存じです。」

 

すると、神様はこのようにおっしゃいました。

「これらの骨に預言しなさい。

 干からびた骨よ、主の言葉を聞け。

 わたしが骨の中に息を吹き入れるので、骨は生き返る。

 わたしが骨の上に筋肉をつけ、それを皮膚で覆い、その中に息を吹き入れ、生き返らせるとき、わたしが主であることを知るようになる。」

 

エゼキエルさんが、神様に命じられた通りに預言すると、、、なんということでしょうか。

カタカタ、、、カタカタ、とあちこちから音がしてきました。

音がした方をエゼキエルさんが見ると、骨がカタカタ音を立てて動いていました。

そして、骨と骨がお互いに近づいてきて、カタカタっと元のようにくっつき始め、みるみるうちに「人の形」になっていきました。そして、「人の形」になった骨の上に筋肉がついていきました。筋肉ができると、その上に皮膚が覆っていきました。そうして「人の体」が完成しました。一つだけでなく、あっちでもこっちでも、たくさんの「人の体」ができていきました。

 

でも、その「人の体」は、じっとしていて、まだ動いていませんでした。息もしていません。

 

神様はエゼキエルさんに続けて命令しました。

「霊に預言して言いなさい。

 主である神はこう仰せられる。霊よ、四方から吹いてきなさい。

 霊よ、これらの命のないものに吹き付けて、彼らを生き返らせなさい。」

 

エゼキエルさんは命令された通りに預言しました。

そうすると、霊が「人の体」の中に入ってきて、彼らは生き返ったんです。

こっちでも、あっちでも、そこらじゅうで、たくさんの人々が生き返りました。谷全体に、とてもたくさんの人々が生き返って、自分で立ち上がり、彼らはとってもたくさんの群衆になったんです。

 

今日の御言葉を、見てみましょう。

「枯れた骨よ、主の言葉を聞け。これらの骨に向かって、主なる神はこう言われる。見よ、わたしはお前たちの中に霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。」

 

枯れた骨は、神様の言葉を聞いて、それから霊が吹き込まれて、生き返りました。

 

ここにいるわたしたちも同じです。

「主の言葉を聞け。。。わたしはおまえたちの中に霊を吹き込む。

 すると、おまえたちは生きる。」

 

わたしたちには、神様の言葉によって聖霊様が与えられています。

復活されたイエス様が天に昇る前、わたしたちにおっしゃいました。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。」(使1:8)

 

聖霊様に導かれている人は、誰でも神の子です。イエス様の妹、弟です。

わたしたちに与えられている聖霊様によって、わたしたちは神様に「天のお父様」と呼びかけることができるようにされました。主の祈りを祈るときに、「天にまします我らの父よ」と祈り始めることができること。これは聖霊様が与えられている証拠です。

イエス様もおっしゃられています。

「あなたがたは、神の子とする霊を受けたのです。この霊によってわたしたちは、『アッバ、父よ』と呼ぶのです。」(ロマ8:15)

わたしたちは、聖霊様によらなければ「イエス様は主です」と言うことはできません。(1コリ12:3)

 

わたしたちが、こうして本当の意味で生かされいること。日々生きていくことができるのは、神様の言葉によって聖霊様が与えられているからです。

今日も明日も、あさっても。いつも聖書から神様のお言葉を聞いて、聖霊様に導かれて生きてゆきたいと思います。


教案:日本キリスト教会日曜学校2017.10.1

聖書箇所:エゼキエル書37:1-10

御言葉:エゼ37:4,5

「枯れた骨よ、主の言葉を聞け。

 これらの骨に向かって、主なる神はこう言われる。

 見よ、わたしはお前たちの中に霊を吹き込む。

 すると、お前たちは生き返る。」